援デリ嬢との出会い体験談~プリンプリンLove私が援デリを知ったのが2014年の8月。場所は新宿の繁華街。援デリ嬢をビジホに呼んだことがキッカケだ。それ以来、数々の援デリ嬢との出会いを繰り返してきた。お気に入りの嬢がいれば個人的にLINE交換をして連絡を取り合う。時には微妙な恋愛感覚に陥って交際し続けたこともある。プリンプリンLpveブログは、私が経験してきた裏風俗と呼ばれる援デリの実態を体験談を通して明らかにするブログである。読み物として参考にしてくれたら幸いでだw

援デリの背景!デリヘルよりも稼げる女達

援デリの背景には、様々な事情によりデリヘルなどの風俗で働けない女性の受け皿にもなっている。また、もっと稼ぎたいという欲求を抱えている女性も援デリとして活動しているケースも多い。巷には沢山の風俗店があるが、利用したことはあるだろうか?私は何度もある、特に良く使っていたのがデリヘルになるのだが、近年ではそれも大分少なくなった。理由として大きいのはサービスの質だ。デリヘル嬢は実際の手取りを聞くと大体が45%~60%の間で、半分程度は店の取り分となる。
出会い系サイト等で個人的に募集をかけている、個人活動している援デリ嬢に関してはほぼ100%が手取りとなる。また交渉術等で自身の値段を上げることも下げることも出来るため、供給が容易となる。そういった点から最近では良質なサービスを行う援交嬢は裏風俗として出会い系サイトに出没することが多い。形としては援助交際という形を取っているのが殆どだ。裏風俗として看板を掲げることが出来ない彼女らにとって援交の相場というのは決して低いものではない。およそ1万五千円~2万円が相場だ。これで一日の稼ぎが成立している女性も多い。

デリヘルよりも後悔が少ない体験が多い

私個人の話になってしまうのだが、私がデリヘルを呼ばなくなった理由はデリヘルよりも出会い系サイト等で援助交際を持ちかける方が遥かに後悔度が低いためだ。援デリの相場自体も店の取り分を考えると嬢の立場から言えば高めであるし、そういった点でも裏風俗としてのニーズは高い。だからこそ援デリ嬢からすればサービスを高めることが出来るし、我々男性側からしても決して損をしない作りになっている。

本番行為に関しても、その辺は援交している女性個人の裁量による事が多いため、交渉がしやすい。むしろ、本番を全面に推し出してくる援デリ嬢が殆どのため、変に交渉、詮索する必要がない。つまりは暗黙の了解でセックスOKな出会いを容易にすることができるのである。

援デリとデリヘルを比較!どっちがお得?

我々男性側の立場からすれば、援デリとの出会いとデリヘルと比較すると決して高い値段ではない。デリヘル一回の値段と比べてみてほしいものだ。それにデリヘルは本番NGだが、裏風俗の援デリはほぼ確実にセックスができるのである。しかも、相手次第では生中出しアリ、生外中出しアリなどの嬢もいるのだから通常の風俗に飽きた男性には刺激的な体験ができることが間違いないであろう。詳しくは、http://ubub.jpを参照。